dried sunflower [sunflower project] 2011

福島県及び茨城県で栽培されたヒマワリ
H2500 W4000 D4000 (mm)

impermanent preservation [sunflower project] 2012

福島県及び茨城県で栽培されたヒマワリ、パラフィンワックス
H200 W11600 D10500 (mm)

ヒマワリは土壌に含まれる放射性物質をその体内に吸収しやすい高吸収植物とされていたため、震災後、放射線量の高い地域においてその栽培がさかんに行われた。一見するとただ美しい花を咲かせたそれらのヒマワリには、目に見えない、人々の複雑な想いや願いが込められている。また、そうしたヒマワリを、メディアからの情報に翻弄され、未確定要素の可能性にすがるしかなかった2011年の象徴としても捉えることができる。2011年4月より始動した [sunflower project] の途中経過としてヒマワリの乾燥プロセスとパラフィンワックス内に一時的に保存されたヒマワリを展示公開した。

ura_dried_sunflower.jpgflower_03.jpgflower_02.jpg
flower_04.jpgflower_01.jpg