∴ 0=1 -geostationary point 2009

レーザーポインタ、赤道儀式架台、地球の自転運動
H2500 W8000 D14000 (mm)

赤道儀式架台(地球の自転軸と平行な極軸を地球の自転と逆方向に回転させる装置)の上に光源(レーザー)を設置し、そこから放たれた光を天井や壁に投影させている。この光のドットはゆっくり動いているように見えるが、地球外の視点からすると、静止状態にある。これは、私たちを含め、地球の重力に引かれたものが地球とともに動いていることに起因する。つまり、ここでは静と動が視点の違いによってどちらとも捉え得るものであり、両者に相違はない。

party_01.jpgpaty_03.jpgparty_02.jpg